電力会社選びで節約しよう!電力自由化活用ナビ

HOME > 電力の豆知識 > 電気代を下げるための選択肢が増える

電気代を下げるための選択肢が増える

 電気を電力会社から受けるとき、以前は地域により供給会社が決まっていました。なになに電力と呼ばれる会社で、地域ごとにあります。その地域に住むようになると自動的にそちらを利用することになっていました。一般のサービスであれば、同じサービスを複数の会社が提供するので、利用者は何らかの選択をします。
 そこで価格競争が生まれます。電力供給は安定的に提供されるなど公的な使命があります。特に高度経済成長を支えるうえで求められたとされます。今は日本経済も安定してきて、電力需要もこれから大幅に伸びる時代ではなくなっています。どちらかといえばより電気を使わない方法を探ろうとしている時代です。
 これを機に行われるようなったのが電力自由化です。ガス会社などが電力を供給できるか疑問に感じるかもしれませんが、法人向けには以前から行っていました。それが個人向けにも提供されるようになります。


 では、電力自由化によって電気代は安くなるかです。100パーセント安くなるとは言えませんが、選択肢が増えることは間違いなさそうです。これまでは1社が行うサービスしか利用できず、その中で家庭に合った使い方をするしかありませんでした。一応夜間電力重視のコース、昼間重視のコースなどは選べました。でもあくまでも一社なので、それ以上に下がることはありませんでした。
 複数の会社が同じようなサービスを提供するとき、大手会社と同じ料金設定だと魅力がありません。必ず安くするはずです。それを見て従来からの大手会社も安くすれば価格競争が生まれます。これまで利益を得ていた分も吐き出しながらぎりぎりまで価格競争をしてくれれば、かなりお得になりそうです。


 新たに参入してくる会社は、元々他のサービスを行っていた会社が多いです。ガス会社、電話会社などです。それらの会社が提案するのは、その他のサービスと電力を統一して安くする売り方です。
 ガス会社の場合、ガス契約だけだとこの値段で、ガスと電気を一緒にすればそれぞれこの値段まで下がりますと提案してきます。それがお得であれば、切り替えるメリットが出てきます。新たにガス自由化が実施されることから、逆に電力会社がガス料金と組み合わせた料金設定を出してくるでしょう。それらで競争をすれば、さらに安くなります。
 ガスや電気以外のサービスを受けている人は、そのサービスとの組み合わせで安くなる会社を選べます。電気とインターネット、電話などを組み合わせると電話代などが安くなり、トータルでお得になる場合があります。